旅行気分に浸れる南カリフォルニアがロケ地のオススメ映画5選

SoCalization, サンタバーバラ, サンディエゴ, ロサンゼルス, 映画 -

旅行気分に浸れる南カリフォルニアがロケ地のオススメ映画5選

こんにちは、SoCalization(ソーキャリゼイション)マーケティング部のKEINAです。

南カリフォルニアはおいしいワインとさわやかな気候、美しいビーチなどで人気な旅行先ですが、その魅力の為か映画の撮影地としても使われることが多くあります。南カリフォルニアにあるハリウッドで映画産業が発展したのも日が長く、雨も降りにくい気候だからだそうです。

オミクロン株の出現で中々収まってくれないコロナ情勢ですが、今回は旅行気分で、南カリフォルニアの魅力を感じられる5つの 映画を紹介したいと思います!

 

目次:

 

Top Gun 『トップガン』

 

アクション映画『Top Gun』は南カリフォルニアで撮影された有名な映画の一つで、主に南カリフォルニアの中でも最南端にあるサンディエゴで撮影されました。トム・クルーズが演じる海軍飛行士マーヴェリックがエリート航空戦訓練学校(通称トップガン)のあるミラマー海軍航空基地に派遣され、亡き父の過去、恋愛、友情と向き合いながらエリートパイロットへと成長していくストーリーです。現在は HuluAmazon Prime Video で視聴することができます。

 

トップガンは航空技術優れた選ばれし者のみが入れたかつて実在した育成所で、映画で使われた米軍基地は現在もアメリカ軍によって使われています。

gray warship on body of water

数ある思い出深い名シーンの中でも、マーヴェリックの相棒グースがピアノを弾きながら歌っているシーンは Kansas City Barbeque で撮影されました。今では 通称Top Gun Bar (トップガンバー)として有名なこちらのレストランは、ダウンタウン サンディエゴ(600 West Harbor Drive San Diego, California)にあり、撮影場所を探していたプロデューサーが昼食をこのお店でとったことをきっかけにロケに使用されたそうです。レトロ感と撮影で使われたピアノや映画の写真とポスターでいっぱいのレストランはサンディエゴに訪れる際は絶対に行きたい観光スポット です。

※トップガンのリリースから36年、マーヴェリックが今度は訓練学校の講師として帰ってくる続編『Top Gun Marverick トップガン マーヴェリック』が2022年5月27日に日米同時公開されるそうです!

 

 

 

Some Like It Hot『お熱いのがお好き』

 

 

 Some Like It Hot 、邦題『 お熱いのがお好き』はマリリン・モンロー出演のコメディー映画として有名で、現在 U-NEXT で視聴することができます。殺害現場を目撃してしまったジョーとジェリーはマフィアから逃れる為に女装して女性限定バンドに入団し、マリリン・モンロー演じる歌担当のシュガーに出会うのが映画の始まりです。

ホテルデルコロナド hotel del coronado サンディエゴ san diego

映画の設定ではフロリダが舞台ですが実は映画に使われているホテルはサンディエゴにある Hotel Del Coronado(ホテル デル コロナド) なのです!(1500 Orange Ave, Coronado, California)ダウンタウンから橋を渡った島、コロナドにあるこのホテルは、撮影のほとんどのシーンで使われています。美しいヴィクトリアン建築のホテルで、約20km続く美しいコロナドビーチの目の前に建っており、サンディエゴで最も有名なホテルでランドマーク的存在です。

 

 

Sideways『サイドウェイズ』

オスカー賞を受賞した映画「Sideways」はワイン好きの方にオススメな映画で、Amazon Prime Videoで視聴することができます。映画は作家志望の中学教師でワイン好きのマイルズ、そして一週間後に結婚を控えている親友のジャックが結婚式の前にワインテイスティングの旅行でサンタバーバラに行く事で始まります。複数のワイナリーを訪れる中、途絶えないマイルズのワイン知識をメモに取るのも一つの映画の楽しみ方 です。

ワイン好きの中では有名な Sideways Wine Map や The Sideways Wine Trail など映画に出てくるワイナリー、レストラン、モーテルを巡るツアーがあるのもサンタバーバラ観光の魅力の一つです。サンタバーバラを訪れるときは、映画に出てくるレストラン Hitching Post でワインと食事を楽しむのは欠かせません!

ちなみに、美味しいワインがたくさんサンタバーバラで造られる理由は、その涼しい気候のおかげです。サンタバーバラは、南北に延びる西海岸の中では珍しく地形が東西に延びていて、3 つある谷もその地形に沿って走っています。東西に走る谷はカリフォルニア海流から送られる冷たい風邪を吸い込む特徴があり、冷えた谷のおかげでフランスやドイツの様なエレガントなスタイルのワインを造ることができるそうです。

サイドウェイズ 映画の由来 サンタバーバラ

仕事から逃れサンタバーバラでのんびりとワインテイスティングに行きたいところですが、コロナで旅行に行くのも難しい状況ですね。そんな中でもワイン王国サンタバーバラを楽しむなら、 SoCalization でも30種類近くサンタバーバラ産のワインを取り揃えていますので、チェックしてみてください。

マイルズが大好きなピノ・ノワールのワインを選ぶなら Au Bon Climat のワインがオススメですし、劇中登場する Hitching Post のワインも取り扱っています。

 

au bon climat オーボンクリマ ピノ・ノワール

 

La La Land『ラ・ラ・ランド』

現在 Amazon Prime VideoHulu で視聴できるライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演のミュージカル映画 「La La Land」は、ロサンゼルス で撮影されたアイコニックな映画の一つです。

 

 

有名女優になる夢を持つミアと、自分のジャズクラブを建てる夢を持つミュージシャンのセバスチャンが恋に落ち、恋愛と夢を追いながら将来を共に過ごす事を望む二人のラブストーリー。

映画の中で二人が道で踊る有名なシーンは Griffith Park (グリフィス公園)で撮影されています。映画ではベンチと街灯が背景に写っていますが、それは映画の為に作られた小道具で実際には存在しないとのこと。しかしご安心ください。二人が美しいプラネタリウムで歌って踊るシーンで使われてた天文台は Griffith Observatory (グリフィス天文台)という実在する場所です。

aerial view of white and brown dome concrete building

この美しい建築の天文台は、毎年160万人もの人が訪れ、世界で最も来客数が多い 天文台として有名です。4730 Crystal Springs Drive Los Angeles, California にあり、当然ながらロサンゼルスの夜景スポットとして親しまれているこの場所は、昼はハリウッドサインが見え、ミュージアム、シアター、そして動物園もあり、たくさん楽しむ方法があります。

 

 

(500 Days) of Summer『(500)日のサマー』

『500 Days of Summer』はもう1つのLAが舞台の映画。現在 Amazon Prime Video で視聴できるこの映画はジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるトムとズーイー・デシャネル演じるサマーがベンチで手を重ねているシーンから始まります。

運命の愛を信じるトムが、運命の愛を信じないサマーとの恋愛を遡るストーリーです。映画のロケ地は主にダウンタウン ロサンゼルスで、数々の観光名所をとらえています。

Grand Park(グランドパーク)にある噴水 Arthur J. Will Memorial Fountain (アーサー J. ウィル・メモリアル・ファウンテン) はその中の一つで Los Angeles, CA 90012 にあります。さらにトムとサマーが一緒に映画を観た劇場 Million Dollar Theater (ミリオン・ダラー・シアター) は 307 South Broadway, downtown Los Angeles にあり、その美しい建築と内装は、一度はスクリーン越しではなく、自分の眼で見てみたい場所です 。

 

まとめ

今回ご紹介した5つの映画はどれも、魅力たっぷりの南カリフォルニアを存分に感じることができると思います!

中々コロナが収まらず気軽に海外旅行できない状況が続きますが、週末などに南カリフォルニアワイン片手に一息ついて、ご紹介した映画を旅行している気分で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

SoCalize & Socialize! (南カリフォルニア化して楽しく!)