}

Domaine Merlin

Domaine Merlin Pouilly-Fuissé 1er Cru Au Vignerais 2020

  • Sale
  • Regular price ¥8,140
Tax included. Shipping calculated at checkout.


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります。

香りは複雑で、黄色果実の繊細でフレッシュなアロマが感じられます。ミルランダージュのブドウはワインのスタイルを豊かで芳醇なものにします。

口に含むと、上質な酸と硬水に似たテクスチャーがまろやかさとバランスを保っています。余韻は長く、心地よいビターさが広がります。オ・ヴィニュレは、ソリュトレの岩丘の南斜面、標高300mの場所に位置する区画です。ここの軽くて石の多い土壌は、春になるとすぐに温まります。

この0.34haの区画は、2017年末にオリヴィエの息子テオとポールが譲り受けました。2020年にはプルミエ・クリュに格付けされるなど、プイィ・フュイッセで特に優れたワインが生まれることで注目を集めています。伝統を守るため、そしてブドウの樹齢が高いことを踏まえながら、非常に厳密なブドウ栽培を行なっています。畑はすべて耕され、除草剤は一切使用しません。除梗をせず直接圧搾をし、ステンレスタンクで軽く沈殿作業を行う。アルコール発酵とMLFには木樽を使用します。

澱とともに木樽で18ヶ月、その後、ステンレスタンクで2~3カ月間熟成。澱引き後、瓶詰め前に軽く濾過。清澄はしません。

2022年5月に瓶詰め

生産本数:2,458本

残糖量:2g未満このドメーヌの歴史はジュラやカリフォルニアでワイン造りを学んだ当主のオリヴィエ・メールラン氏が1987年にマコネ地区で中世から続く歴史あるドメーヌ「ドメーヌ・デ・ヴュー・サン・ソルラン」を購入し継承した所から始まります。マコネ地区はコート・ドールよりも標高が高く、急斜面に存在する畑には強い風が吹いてるのが特徴です。マコネ地区では生産者全体の95%が除草剤散布と機械収穫を行っていますが、メールランでは当初より現在に至るまで化学肥料や除草剤を一切使用せず、畑を頻繁に耕し、完熟した健全なブドウを選別して手摘みで収穫をしている数少ないドメーヌです。風が強い斜面の畑で栽培しているブドウには害虫が付着しにくいので、殺虫剤を散布する必要もありません。発酵前にブドウの実を傷つけないために小さな箱に入れて収穫し、セレクションテーブルで果実を再度選別したのち、素早くタンクに入れ、発酵させます。シャルドネは全房圧搾、ピノ・ノワールは100%除梗(ガメイは全房発酵)。完全なマロラクティック発酵、コラージュせず、ノン・フィルタレーション、または最低限のフィルタレーションで瓶詰めします。手作業で丹念にワイン造りを行うオリヴィエ氏は、マコネ地区の高品位のワイナリーのリーダーとしての地位を確立しています。コート・ドールの醸造家たちがマコネ地区に進出するよりもずっと前からこの地を知り尽くしているオリヴィエ氏のもとには、ドメーヌ・コシュ・デュリの4代目当主ラファエル氏など、多くの醸造家の卵たちが研修生として訪れました。また、マスター・オブ・ワインのジャスパー・モリス氏は、オリヴィエ氏をマコネ地区を代表する最高のワイン醸造家の一人として紹介しています。さらに2012年には、ムルソーのトップドメーヌ「コント・ラフォン」の当主ドミニク氏とともに新たなワイナリー「シャトー・デ・カール」を興しています。現在、二人の息子、テオ氏とポール氏もドメーヌに参加し、今後、更なる品質の向上に期待が高まるドメーヌです。【プイィ・フュイッセのプルミエ・クリュ制定について】

2020年にINAOにより、プイィ・フュイッセのプルミエ・クリュが初めて制定されました。

全部で800haのプイィ・フュイッセのうち、190ha、22のクリマが認可されています。

メールランでは、北部ヴェルジッソン・エリアより、スール・ラ・ロシュ、クロ・ド・フランス、中部北側ソルトレ・プイィ・エリアより、オ・ヴィニュレ、南部シャントル・エリアより、クロ・デ・カール、シュヴリエールの5つの畑のキュヴェがプルミエ・クリュに昇格しました。2020年ヴィンテージより、5種のワインを取り揃えております。