}

Horsepower Vineyards

Horsepower Grenache Sur Echalas Vineyard 2019

  • お得価格
  • 通常価格 ¥33,000
  • 入荷予定
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります。

ワシントン州のカルトワイン”ホースパワー”。

リリース以来各専門誌で大絶賛、瞬く間にスターワインとなり、アメリカ国内では、メーリングリストで販売、多くの人たちが列をなして毎年のリリースを待ち望むワインです。

ホースパワーヴィンヤーズは、その名の通り馬力のみで畑を耕しています。

カユースで世界のワイン通から羨望のまなざしを受ける事となった、ヴィニュロン(ワイン栽培家)のクリストフ・バロン。

彼の祖父の時代はすべての畑に馬がいました。

クリストフはワラワラで最初にバイオダイナミックを採用しただけではなく馬を耕作に使用した最初の人物でもあります。

この畑は機械ではなく馬しか入れない狭い密植が特徴的です。

シャンパーニュ出身の天才クリストフ・バロンがカユースの後に手掛ける希少レーベルで、畑は完全に馬の力のみ、除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わず、バイオダイナミック農法で耕しています。

クリストフのチームは伝統と歴史を表現し、そして今もその歴史を刻んでいます。

このワインはクリストフと彼のルーツとの繋がり。

そして伝統的な技法と家族へのオマージュです。

地球のように、古きも新しきもすべてを受け入れる。

それがホースパワー ヴィンヤーズ。

Owen Bargreen, vinous.com 98ポイント2019年のシュール・エシャラ・グルナッシュは、テロワールを訴える全くセンセーショナルな新ワインだ。

間隔の狭い畑から造られたこのワインは、グリーンペッパー、海苔、ザクロの実、グアバ、みかんの皮、耕したばかりの土、石のような基調を見せる。

口に含むと、柔らかいテクスチャーと驚くほどの緊張感があり、贅沢な味わいだ。

非常にデリケートな赤い果実の層が、石のようなミネラル、ブラッドオレンジの皮、グリーンオリーブのタプナードとぶつかり合う。

このワインは今飲んでもセンセーショナルだが、さらに10年以上先まで楽しめるだろう。

James Suckling, jamessuckling.com 96ポイントこのワインは、濡れた石、乾燥したバラの花びら、サワーチェリーのアロマを持つ。

フルボディーで爽快な酸味。

ソフトで繊細なタンニン。

コーヒーにスパイスやハーブの香りが混じる。

複雑で凝縮した味わい。

非常にバランスが良く、とても良い熟成が期待できる。

バイオダイナミック農法で栽培されたブドウを使用。

今飲んでもよし、持ってもよし。

畑この畑はワラワラヴァレーのオレゴン州側のワラワラ川の太古の川床に植えられた畑です。

表土は30〜46センチのシルト質ロームと玄武岩の玉石が混ざっています。

その下には、純粋に圧縮された石畳の層があり、場所によっては30m以上もの深さがあります。

全体的に平年より涼しく、久しぶりの雨の多い収穫となりました。

ヴェレーゾンが遅かったため、全体的に糖分の蓄積量は少なめで素晴らしい酸味を持っています。

最近のヴィンテージと比較すると、2019年は穏やかな気候でした。

急激な暑さや38度以上の気温が長く続く事はありませんでした。

収穫期には、昼夜ともに異常に涼しかったため、酸のレベルが少し上がり、ワインは非常にバランスが取れています。

2019年はエレガントで非常に明るい特徴を示しています。

香りはスパイシーな果実味に溢れ、多くのスパイスの特徴が重なり合っています。

みずみずしく、美味しく、とてもフレッシュです。

昼夜の冷え込みが、果実の美しい中核を引き出してくれました。

涼しいヴィンテージで素晴らしいワインを造るには多くの作業が必要ですが、2019年は栽培がすべての違いを生み出しました。

これらの理由から、2019年ヴィンテージのワインは、バランスの取れたアルコールと豊かなタンニンを持つ素晴らしいフード・フレンドリーなワインとなりました。

ブドウ畑はベルギーとペルシュロンの輓馬によって2008年からバイオダイナミック農法で栽培しています。

100%フレンチオーク 15ヶ月間熟成。

新樽使用率 0%ワシントン州のカルトワイン”ホースパワー”。

ホースパワー・ヴィンヤーズはシャンパーニュ出身の天才クリストフ・バロンがカユースの後に手掛ける希少ワイン。

畑は完全に馬の力のみで耕しています。

クリストフのチームは伝統と歴史を表現し ー そして今もその歴史を刻んでいます。

このワインはクリストフと彼のルーツとの繋がり。

そして伝統的な技法と家族へのオマージュです。

地球のように、古きも新しきもすべてを受け入れる。

それがホースパワー ヴィンヤーズ。

ヴィニュロンのクリストフ バロンは2002年に初めてワシントン州のワラ ワラ ヴァレーでビオディナミ農法を始めました。

ホースパワーは除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わないで5頭の農耕馬と共に0.9m X 0.9mのスペースの狭さでフランス語で"sur echalas"と呼ばれる一本の杭に葡萄樹を一本縛り付けた株仕立ての葡萄畑を耕作しています。

数百年続くシャンパン・ハウス バロン アルベールの長男として生まれ、クリストフの一家は1677年からフランスのザ マルヌ ヴァレーで土地を耕してきました。

1957年まで葡萄畑の耕作のすべてを馬がしてきました。

ホースパワーはこの伝統、今ではほとんど失ってしまった職人気質のシンプルさとその目的に回帰することを表しています。

それはニューワールドに根付いたオールドワールドの窓であると言えます。

三つの畑のどこかで、来る日も来る日も聞こえてくる唯一の音はホースパワーの石ころだらけの畑を耕し、守り続けている伝統の蹄の響きです。