Piedrasassi

日系2世の著名ワイン醸造家と料理家がタッグを組んで作ったフランススタイルのワイン

ピエドラサッシ Piedrasassi サンタバーバラ santa barbara

ピエドラサッシは二組の夫婦がオーナーとしてこだわりのワインを造る非常に小さなワイナリー。

一組はサシ&メリッサ・ムーアマン。サシは本名「ムサシ」、日系2世の新進気鋭のワインメーカー、コンサルタント。サンタバーバラやオレゴン等、アメリカ各地のワイン造りに関わっており、彼のワインの評価は非常に高い。

もう一組はピーター&エイミー・パスタン。 ワシントンDCで高い評価をうける料理人・プロデューサー。土地の個性が現れ、料理と共に楽しめるワイン造ろうと、まずは冷涼地で育つシラー種からワインを造り始めたのが2003年。

ピエドラサッシとはイタリア語で「岩と石」を表し、また二人のオーナー・ピーターとサシの音節が入っていることから名付けられた。

サシのワイン修業はオーハイ・ヴィンヤーズで行われ、テロワール(土地の特性)を反映するフランスの伝統的なシラー造りの影響を受けている。