}

Greywacke

Greywacke Wild Sauvignon 2021

  • お得価格
  • 通常価格 ¥6,776
  • 残り1個
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります

生産者名:GREYWACKE (グレイワッキ)

生産地:ニュージーランド マールボーロ ワイラウ・ヴァレー

品種: ソーヴィニヨン・ブラン100%

醸造:完熟した状態にて収穫され、軽くプレス。その後コールドセッティング※。旧フレンチバリックにて野生酵母のみを使い発酵。発酵は12ヶ月以上続き、その間、時々澱攪拌を行い、全体の2/3にてMLFが起きます。更に5ヶ月澱とともにステンレスタンク熟成を行い瓶詰め。

※コールドセッティング…発酵までの間、果汁を落ち着かせ、また温度変化を避ける為に一時低温状態にて保管する方法。それにより澄んだ風味や熟成能力を増幅することができます。

JANコード:4582565775327

参考評価

ワイン・スペクテイター…93点(2016) 92点(2010,2011,2017,2019) 91点(2013,2014,2015)

ジェームス・サックリング…94点 2018NZワインTOP100 44位(2016)

ワイン・アドヴォケイト…93+点(2009:NZソーヴィニヨン・ブラン歴代2位) 93点(2012:同号掲載NZソーヴィニヨン・ブラン最高得点)

【WA#216(2012VT))掲載文章抜粋】

クラウディ・ベイの元醸造長ケヴィン・ジュッドは、クラウディ・ベイの上級キュヴェ「テ・ココ」に似たワインを造ろうとはしなかった。バリック発酵という点は同じですが、ワイルド・ソーヴィニヨンは完熟度の高い葡萄を使い野生酵母にて発酵を行います。このワインを通して、テ・ココとは異なりソーヴィニヨン・ブランの果実味を活かしたフレッシュかつ表現深いワインを造りました。

このソーヴィニヨンブランは野生酵母により起こった自然な発酵によって複雑かつ豊かな味わいに仕上がりました。アプリコットやライムマーマレード、クリームブリュレの様な甘いバニラ香のブーケにタイムやローストしたセサミのニュアンス。豊かなコクと複雑な香りに満たされミネラルと共に余韻が長く残ります。グレイワッキはニュージーランドを代表するソーヴィニョンの生産者、クラウディ・ベイで創業からチーフ・ワイン・メーカーとして約25年勤めたケヴィン・ジュッド氏が2009年よりスタートしたブランドです。クラウディ・ベイと言えば、世界にニュージー・ランドのソーヴィニョン・ブランの品質の高さを知らしめたマールボロ・エリア屈指のワイナリーです。そのクラウディ・ベイで約25年間品質を支え続けた確かな技術力と、小規模生産者だからこそ可能な丁寧な作業により、クラウディ・ベイより更に一段高い完成度合いのワインを産み出しております。ブランド名のグレイワッキ(Greywacke)とは、ケヴィンと妻キンバリーが初めて取得した畑につけた名前です。畑にはニュージーランドの山、川、海とあらゆるところで見つける事の出来るGrey岩という堆積岩が多く含まれており、「いつか自分のブランドを造ったら、ニュージーランドを代表するワインになるようにこの名前にしたいな」と考えていたケヴィンが、1993年の終わりに「グレイワッキ」の名前を登録しておりましたが、2009年にようやく念願叶って「グレイワッキ」をリリースする事となりました。

Kevin Judd(ケヴィン・ジュッド) プロフィール

ケヴィンはイングランドで生まれ、オーストラリアで育ちました。世界的にハイレベルなワイン醸造学部として名高いローズワーシー大学(現アデレード大学の一部)でワイン造りを学び、卒業後はオーストラリア最古のワイナリーとしても知られる、シャトー・レイネラで醸造家として働き始めます。1983年になるとニュージーランドへ移り住み、セラックスでワイン造りに携わります。そして1985年にクラウディ・ベイの創立と同時に同ワイナリーのチーフ・ワイン・メーカーに就任。マールボロ最高峰のソーヴィニョンの品質を約25年間支えます。そして2009年、50歳という人生の節目にクラウディ・ベイから独立。自らのブランドGREYWACKE(グレイワッキ)をスタートしました。

ニュージーのソーヴィニョンを世に知らしめた素晴らしい葡萄畑

グレイワッキはワイラウ・ヴァレーにあるブランコット地区の自社畑と同じく、ワイラウ・ヴァレーのクラウディ・ベイと同じ契約農家より畑を借りてワイン造りを行っております。畑の管理を自ら行うのは勿論の事、ドック・ポイントのオーナーでありニュージーランドきっての有名栽培家アイヴァン・サザーランド氏によって、完璧に管理されております。アイヴァン・サザーランドもケヴィンと同じく元クラウディ・ベイ出身。クラウディ・ベイに高品質な葡萄畑を貸し出しながら、クラウディ・ベイの栽培責任者を行っていた人物です。ワイラウ・ヴァレーはニュージーランドでも日照時間に恵まれ、海洋性気候に属し、夏から秋にかけてが穏やかな気候な為、暑さによって葡萄の酸やアロマティックな風味を奪われることなく、ゆっくりと完熟に向かうソーヴィニョン・ブランにとって理想の産地です。ケヴィンが葡萄栽培にあたり最もこだわる点は「収穫のタイミング」です。クラウディ・ベイではフレッシュでハーバルなスタイルのワインを目指していたのに対し、グレイワッキでは「フレッシュ+奥行」のあるもう一段上の完成度を目指し、クラウディ・ベイよりもやや遅めの収穫を行っております。