}

Woodward Canyon

Woodward Canyon Cabernet Sauvignon Artist Series 2020

  • お得価格
  • 通常価格 ¥8,800
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります。

ウッドワード キャニオンの “アーティスト シリーズ “は、ワシントン州で最も優れたカベルネ ソーヴィニヨンを紹介する目的で1992年に始まって以来、フラッグシップ ワインとなっています。

アーティスト シリーズに使用されている畑は、ワシントン州で最も古く、最も評価の高い畑のひとつで、典型的な樹齢は約25 年です。

ラベルは毎年、パシフィック ノースウエストの異なるアーティストの作品を採用しています。

このワインは濃いガーネット色で、黒い果実、クレーム・ブリュレ、タルト・チェリーの魅力的な香りで始まり、控えめで魅力的なオークと滑らかに溶け込んでいます。

口に含むと、リッチでエレガント、熟した果実、カシス、淡いグリーン・ハーブの見事なバランスが楽しめます。

溶け込んだタンニンが質感を高め、複雑で芳醇、そして長い余韻を残します。

このワインは今飲んでも楽しめますが、さらに熟成させることで素晴らしい変化を遂げ、うまく寝かせれば10年以上は熟成するでしょう。

リブロースステーキ、和牛ハンバーグ、子羊のモモ肉、ポートベロマッシュルーム、熟成したハードチーズなどと合わせて。

セラー温度で保管し、サービスしてください。

<ウッドワード キャニオン エステート ヴィンヤード>1976年に設立されたこの畑は、ワシントン州ワラワラの西約15 マイルに位置し、ワラワラ ヴァレーAVA の最西端のブドウ畑です。

17ha のブドウ畑の横の数ha の緑地帯には、ウエスタン ジュニパー、ポンデロサ松、ウエスタン セージ、多年生のワイルドフラワーなどの地元在来種を栽培しています。

土壌は火山性玄武岩の上にリッツビル シルトローム、斜面1515~1818%、標高229229~250m 。

ウッドワード キャニオンが管理。

ワインと同様に、全てのブドウはオーガニック栽培サーモン セーフの認証を受けています。

<ワインバウ ヴィンヤード>南にラトルスネーク マウンテンズ、北にサドル マウンテンズを臨む場所にあります。

土地は緩やかに南に傾斜しており、標高は7216~290m です。

ワインバウは温暖な土地で水はけがよく、土壌はケネウィック シルトロームが主体で、傾斜は22~55%。

土壌の種類が一貫していることは、ブドウの木の成長に現れ、その後のワインにも反映されます。

<セージモア・ヴィンヤード>1968年に設立されたこのセージモアは、ワシントン州のワイン産業の確立に貢献した先駆的な畑でワシントン州で最も古いヴィニフェラ種のブドウ畑の1つです。

リックは自宅でワイン造りをしていた頃からセージモアの果実を使っており、現在も使用しています。

1972 年に植えられた畑の、ブロック3 と9 の特定の畝から収穫されたブドウが今もなお "オールド・ヴァインズ "のカベルネ・ソーヴィニヨンとしてワインになっています。

クインシーのローム質の細かい砂、セージヒルの非常に細かい砂質のローム、2-10%の傾斜。

標高174m 。

<ワルーラ ヴィンヤード>ワルーラ ヴィンヤードは、南向きの斜面に植えられており、その勾配は2%から30%。

合計約14 キロに及ぶ変化に富んだ地形です。

この境界線のうち、コロンビア リヴァーの岸辺は約5.6 キロのウォーターフロントとなっています。

海抜約97mの川の端から、5.6 キロの距離を経て、417mのピーク標高まで上昇します。

この川は、日中は熱がすぐに蓄積され、夜は太陽が沈むと冷却効果を発揮する巨大な断熱材の役割を果たすため、非常に重要です。

氷河期にコロンビア川を下ってきたミズーラの大洪水によって、シャノ シルトローム土壌がこの地に堆積し、玄武岩で縁取られた急峻な峡谷の壁が築かれています。

オーナー兼ワインメーカーのリック・スモールのファミリーは現在ウッドワード・キャニオンのブドウ畑がある、この地で3世代に亘り農業を営んできました。

彼は1970年代後半にこ同地にブドウを植え、1981年にレオネッティに次いでワラ・ワラ地区で2番目となるワイナリー、ウッドワードキャニオンを設立しました。

リック・スモールはこの地に深く根ざし、ワシントン州でワールド・クラスのファイン・ワインづくりに生涯を捧げてきた数少ない重鎮の一人です。

ウッドワード・キャニオンのワインには彼のワインづくりに対する妥協のない厳しさと情熱(ブドウ樹からボトルまですべての段階を自分の目で確かめる)が込められています。

ブドウ畑でのキャノピーと灌漑のマネジメントからワイナリーでのオーク樽材の自然乾燥まで、ワインづくりの各過程で惜しみない努力がなされています。

彼のワインに対するヴィジョンは常に量よりも質であり、彼に長年与えられてきたワシントン州の最優秀ワインメーカーの1人であるという評価はその証といえます。

ウッドワード・キャニオンのワインは丹精込めてつくられ、清澄もフィルターも行わず瓶詰をしています。

リック・スモールの土地に関する深い造詣と品質に対する情熱はワインの中に表現されています。