}

Tenuta Sant’Isidoro

Tenuta Sant’Isidoro Terzolo 2021

  • お得価格
  • 通常価格 ¥2,904
  • 入荷予定
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります

生産者:SANT'ISIDORO (サンティジドーロ)

原産地呼称:I.G.T. LAZIO ROSSO

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン90% メルロー10%

醸造:ステンレスタンクにて7日間マセラシオン、発酵。ピジャージュを数回行ないます。同容器内にて6ヶ月熟成。

JANコード:4582565770322

赤紫色の外観によく熟れたベリーなどの赤系果実のアロマが感じられる。ジューシーな果実味ときれいな酸が印象の飲み口。口の中にはピュアできれいなエキス分が広がり、それを支える伸びやかできれいな酸が特徴的です。余韻にかけても柔らかい果実味とハーブ、スパイス、酸がきれいに持続する。サンティジドーロはラツィオ州のマレンマ地区で1930年にPalombi(パロンビ)家によって設立されたワイナリーです。以前は収穫した葡萄はバルク・ワインとして販売しておりましたが、2001年より幼馴染のリカルド・コタレッラからアドバイスを受けて瓶詰めワインを造り始めます。サンティジドーロのエミディオ・パロンビとコタレッラは昔からの幼馴染だった事もあり、数百件もコンサルタントを務めるワイナリーの中でもサンティジドーロには特別力を入れております。エミディオ・パロンビ氏は『今はこのエリアをマレンマ・ラツィオと呼んでいるが、100年前まではチヴィタヴェッキアからグロセットにかけてをマレンマと呼んでいました。今は行政上のラツィオとトスカーナ2つの州に分かれているが土壌や気候に関しては、トスカーナもラツィオも変わらず同じマレンマです』と語ります。しかしワインは、『トスカーナのマレンマ』と『ラツィオのマレンマ』では知名度が異なり、当然市場での取引額も変わってきます。すなわちラツィオのマレンマは『隠れた穴場的な産地』だという事です。それを裏付ける様にイタリアの全国紙La Repubblicaが2004年の1月で『サンティジドーロのワインは非常にコストパフォーマンスに優れている』と紹介しております。

Riccard Cotarella(リカルド・コタレッラ)

モンテヴェトラーノやテッラ・ディ・ラヴォーロをはじめ、数々の超有名ワインを生み出してきた醸造コンサルタント。日々進歩する栽培、醸造の最新技術を取り入れながら、土着の葡萄からその土地のテロワールを最大限表現することを自身の哲学とします。現在はイタリアの生産者だけでなく、フランス、アメリカ、イスラエルやインドなど、70以上のワイナリーでコンサルタントを行っております。

2000年度ガンベロ・ロッソ「最優秀醸造家」獲得、2001年度ワイン・エンスージアスト「最優秀醸造家」獲得、2002年度イタリアソムリエ協会「最優秀醸造家」獲得。2013年イタリア醸造家協会会長就任。