}

Forager

Forager Pinot Noir Sonoma Coast 2021

  • お得価格
  • 通常価格 ¥5,500
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります。

収穫量の少ない優れた畑で、クラシックで負荷の少ない醸造技術を用い、最高級のフレンチオーク樽で熟成させることで、これらの畑の個性を余すところなく表現し、この黒ブドウ品種の純粋さを引き出しました。

FORAGERは、どのようにして、少量の美味しいピノ・ノ ワールを栽培し、選別し、小ロットでブレンドすることで、本格的な味わいと興味深いワインを生み出すことができるかを物語っています。

コルクの森は年間約1トンの炭素を吸収するため、私たちはカーボン・ニュートラルな、FSC(森林管理協議会)認証の天然コルクを採用しています。

また、FSC認証の再生紙と堆肥化可能なインクを使用し、より軽量な(467グラム)再生ガラスボトルに移行しました。

お住まいの地域でリサイクル可能であれば、ぜひご利用ください。

新しいラベルには、北カリフォルニアの著名なアーティスト、故ヘレン・スティールのオリジナル・アートを使用しています。

私たちは彼女の作品を、ソノマの海岸線沿いで、ムール貝やアサリ、海藻など海の恵みを見つけながら、ゆっくりと漁をする家族の姿と解釈しています。

このゴージャスなピノ・ノワールは、熟したチェリーと繊細なバラの香りで幕を開けます。

若々しく快活で複雑な味わいには、熟したブラッドオレンジやコーラのニュアンスが感じられます。

柔らかなタンニンといわゆる "歯ごたえのある "酸が豊かな質感と融合し、驚くほど長く旨味のある余韻をもたらします。

最小限の介入で自然に造られた赤ワインなので、無害で自然な沈殿物が生じることがあります。

ソノマ・コーストの西部は、霧の多い湿度の高い朝を迎え、午後には霧を吹き飛ばす風が吹き、晴れ渡った午後と寒い夜が続くことで知られています。

これは、トップレベルのピノ・ノワールにとってまさに天の恵みです。

2021年のピノ・ノワールは、砂利混じりのローム土壌で、収量が少なく冷涼な場所で栽培された2つのクローンから造られています。

それぞれの立地とクローンによって異なる香りと風味、ストラクチャーを持ち、これらの多様な要素を活かしてブレンドが生み出されました。

13年目を迎えた2021年のヴィンテージは、豊富な日照量、十分な降水量、涼しい夜、そして最小限の害虫問題という条件が揃い、素晴らしい生育期となりました。

中程度のサイズの房は、色が濃く、熟した赤い果実の香りと味わい、そして心地よい酸味を持っています。

9月9日から22日にかけて手摘みされた小ぶりなピノ・ノワールの房は、セラー内でも丁寧に取り扱われました。

手作業で選別され、ほとんどを除梗し、破砕後は5トンの開放型発酵槽で2日間低温浸漬しました。

一部を全房発酵させることで、心地よい食感をもたらしました。

破砕時には少量の天然SO2が添加され、発酵は主に野生酵母から始まり、ブルゴーニュ酵母で完了しました。

適温(約31度)での穏やかな発酵と1日1回のピジャージュ(櫂下)が、ワインのストラクチャー、色調、テクスチャーの構築に貢献しました。

優しいプレス(<1bar)後、樽内でマロラクティック発酵が行われ、その後11か月の熟成(澱引きなし)を経ることで、ニュアンスのあるスパイス感とベルベットのような口当たりが生まれました。

フレンチオークの新樽は、ワインの香りを補う役割を果たしています。

2023年6月、44樽(約1,045ケース)が瓶詰めされました。

10代の頃に家族とともにフランス・パリに移住し、ワインの素晴らしさに魅了されたジョナサン・ペイは、アメリカに戻り大学で農学の学士号を取得した後、フランスワインのインポーターで働き、さらにワインの知識を深めました。

ロバート・モンダヴィ氏との共同作業の機会を得たことで、ナパ・カベルネについて深く学び、2004年にナパ・ヴァレーでTEXTBOOKを設立。

このワインはすぐに評論家から称賛され、熱心なファンを獲得しました。

2019年には国際的なワイングループに売却しましたが、今でも彼らのアドバイザーを務めています。

2008年の金融危機の混乱の中で、近隣のワイナリーが収穫一週間前に契約農家とのブドウ契約を破棄したことから始まったFORAGERは、困り果てている農家を助けようと、出来上がったワインの行き先が全く決まっていないにもかかわらず、ブドウの買い取りに同意したのが始まりでした。

現在はその土地の個性を最大限に生かした美味しいワインや少量生産のワイン造りを目指しています。

2003年にオーストラリアのペンフォールド社のワインメーカーと共に働いたことをきっかけに、温暖な気候でも冷涼な気候でも育つシラーの奥深さに魅了され、そのワイン造りに取り組み始めたSPICERACKは、暖かく晴れた日々と驚くほど寒い夜を持つソノマで育ったブドウから醸造されています。

その名の通り、様々なスパイスを感じることができる素晴らしいバランスを持つワインです。