}

Domaine Odoul Coquard

Domaine Odoul Coquard Clos De Vougeot 2021

  • お得価格
  • 通常価格 ¥47,916
  • 入荷予定
税込価格。 送料は1万円以上のお買い物で送料無料 ※沖縄は割引


※こちらは協力インポーターより仕入れのため通常よりも1~2営業日余分に発送までお時間を頂戴する場合があります

生産者名:DOMAINE ODOUL COQUARD (ドメーヌ・オドゥール・コカール)

原産地呼称:A.O.C CLOS DE VOUGEOT GRAND CRU

品種:ピノ・ノワール100%

醸造:全て除梗を行い、ステンレス・タンクで醗酵。フレンチオーク樽(228ℓ)でMLF後、同オーク樽15ヶ月熟成(新樽率60%)

JANコード:4582672777900

過去評価

ワイン・スペクテイター…90点(2012)

ワインスペクテイター…93点(2011)

*2011ヴィンテージ同アペラシオントップタイ

[畑のロケーション]

クロ・ド・ヴジョの中でもヴォーヌ・ロマネより(南側)に約300m程の畝を7本所有します。

フルーティで繊細なアタック。ストラクチャーがしっかりとしていて、アタックと同時に、滑らかなテクスチャーと旨みが口中に広がります。このアペラシオンの特徴を綺麗に表現したワインです。オドゥール・コカールはモレ・サン・ドニを代表するグラン・クリュ「クロ・ド・ラ・ロッシュ」の真向かいにドメーヌを構える生産者です。現地ブルゴーニュでも評判の高い生産者でありながら、フランス国外はもとよりフランス国内でも探し出す事が難しく、ブルゴーニュ愛好家の間では探し求める価値のある優良生産者と言われております。

何故このドメーヌがそれほど入手困難なのかと申しますと、単に生産量が少ない事と、すでに常連顧客への割当が毎年決まっている為に、一般の目につく市場に流通する量が限られフランス国内外共に欲しくても何処に売っているのか・・・という状況がその所以と思われます。

ワイン・ガイドへの露出は少ないものの掲載されれば評価も高く、オドゥール・コカールのフラッグ・シップとも言える「モレ・サン・ドニ 1erクリュクロ・ラ・リオット2007」は信頼のフランスワイン・ガイド「ギド・アシェット2010年版」よりミシェル・マニャンやニコラ・ポテルの「クロ・ド・ラ・ロッシュ」、アルローやシャルロパンの「クロ・サン・ドニ」等、並みいるグラン・クリュに匹敵する1ツ星のワインとして掲載されております。

これだけ評判が高く、更に冒頭でご紹介した様にクロ・ド・ラ・ロッシュの目の前にあるドメーヌであるにも関わらず『なぜ今まで日本に紹介されていなかったのか』という考えが出てきますが、理由として冒頭でも記載した通り流通量の少なさと毎ヴィンテージ売り先が決まっている事が挙げられます。

オドゥール・コカールのワイン造りに特別な物はありません。セバスチャン・オドゥール氏は積極的に海外に売り出すビジネスマンでもなければ、醸造テクニックでワインの味を造る科学者でもありません。特別な事は行わず、ステンレス・タンクで醗酵を行い熟成も各ワインに合わせ行い、瓶詰を行うというシンプルなもの。とは言え、熟成樽はブルゴーニュの一流生産者御用達の「フランソワ・フレール」や「ルソー」社製。彼にとってのワイン造りは「畑仕事が全て」であり醸造がシンプルなだけにワインの味わいには誤魔化しが利きません。